FC2ブログ

生地について

DSCF0561_convert_20120804194903.jpg
DSCF0562_convert_20120804194935.jpg

こちらホーランドシェリーの生地です。
いわゆるオールド物ですね。
柔らかくてしっかりしてます。生地としてみるととても良い生地だと思います。しかししっかりしている生地なら現行の生地でもあります。

例えば神田の羅紗店に行けばざくざくあります。一着分(3m強)で10万円も出せばドーメルのオールドのスーパーブリオだって買えます。(あんまし置いてないんですけど(涙))
5万円も出せば十分、スーツ分の良い生地は買えるんです。良心的なテーラーなら生地代は10万円も出せばスペシャルな生地を使って誂えられるんです。

もちろん生地持ち込み可のテーラーさんでないとだめですけども。
ちなみにテーラーさんの方が工場に頼むよりm(メートル)は少なくてすみますです。

友人からメールで問い合わせがあったので一応、情報共有ということで。。。。知ってる方は今更のことでごめんなさい。


続きを読む

スポンサーサイト



藤井毛織2

藤井毛織の生地です。広げて改めて感じたんですけど、本当に違います。
これならカバートコートが良いかもしれません。



DSCF0550_convert_20120724220837.jpg
DSCF0551_convert_20120724220923.jpg
DSCF0553_convert_20120724221001.jpg
DSCF0555_convert_20120724221034.jpg

ムーアハウスブルック

ムーアハウスブルックの生地、いわゆるヴィンテージです。ウールとカシミヤ50%づつの生地です。

これがなかなかいいんです。ぬめってて分厚くて、明らかの今のカシミアとウールの混紡とは違います。
最近のてろてろのカシミアもそれはそれで良いと思います。ただ耐久性から考えると本当に贅沢品です。
こっちのほうが私には合ってます。中の上のコート生地メーカーだったらしいです。

この生地ではケープを作りたいですね。


DSCF0545_convert_20120724191451.jpg
DSCF0547_convert_20120724191534.jpg
DSCF0549_convert_20120724191613.jpg



藤井毛織

先日、アップした藤井毛織の生地ですが本当は買うつもりのなかった生地なんです。
というのも私はコートをそんなに着ないんです。
ただ何となく買わなきゃいけない感覚になったんです。
そういう感覚って歳を取って知識と経験が増えれば増えるほど減るんですね。たぶん。
昔ならセールのベルベストのスーツだったりセールのグレンソンのマスターピースだったり、
振り返ると両方とも失敗だったなって思いますけど。
今はいわゆるセレクトショップや伊勢丹でそういう感覚になることってそうはない。
てか高いです。逆に言えば値段関係なく純粋にほしい、着たいってそんなにない。

藤井毛織はジャケットも一着もってますが生地は本当に良いです。
妙に縁があるんです。
また天神山のポッサムのポロコートを持っているんですけど、ちょっと生地の雰囲気似てますね。
どうも縁がある??それとも将来失敗だったと後悔するのか。。。。

両方とも変化球な生地です。とても日本らしい生地。日本の生地より、英国の生地の方が良いことってやっぱり多いです。意図が明確なことが多いから。

羅紗店

今日は羅紗店に生地を買いにいきました。
買った物はムーアハウスブルックのウールカシミア50パーセントと藤井毛織の生地、両方とも重いです。

ムーアハウスブルックはマント、藤井毛織はポロコートのイメージ。


藤井毛織のウール100パーセント 


DSCF0535_convert_20120721235555.jpg
DSCF0544_convert_20120721235739.jpg
DSCF0540_convert_20120721235617.jpg
うまくとれない。。。


ウールエキスポのビキューナ100パーセント
ムーアハウスブルックのカシミア100パーセント
ゼニアのカシミア100パーセント
超高密度のウールギャバジン 
21オンスのキャバルリーツイル
(allビンテージ)

すべての生地を手に入れられるとしても、私はこの藤井毛織でコートを誂えたいと思います。今は。(笑)

藤井毛織(世界最高のウールをオークションで競り落とし続けたギネス記録をもつメーカー。良い生地を作り過ぎ民事再生法を申請)




 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
出会い女性登録