FC2ブログ

前突キのお話(続き2)

繧ウ繝シ繝茨シ胆convert_20130530223933


繧ウ繝シ繝・convert_20130530224015


前突キのお話の続きです。
このコートの場合ですと比翼仕立てですので、他の方から見ると前襟の部分が前突キの技術がわかりやすいかもしれません。(もちろん全体として、生地が通常より少ないので、印象は相当軽くなっているように思われます。)

ようやくこのコートについて少しわかってきました。


ちなみに洋服に相当お詳しい方はオーダーされる際に「前突キで」とオーダーされることもあるそうです。。。
洋服も本当に深いですね。。。
スポンサーサイト



前突キのお話 (続き)

前突キ(マエツキ)のお話の続きです。(文字はこれみたいです。あまり字で書くことは職人さんはしないとか。。。)
いろいろ教えていただきありがとうございます。

れのさま
コメントありがとうございます。
この前突キ、、、厚さは生地2枚になります。
すなわち表地を通常より余分に裁断して余分の生地の端を裏側に持っていって、裏側の生地の端(裏側の生地は表地を余分に切った分だけ短くする。)と突き合わせて縫っております。


また上から下までからげ縫いをしております。全て手縫いです。端をうまくやるのが難しいそうです。

それから襟の終わるところでうまくひっくり返して縫うみたいです。ちなみに洋服を全てこの縫い方で作ることはできないそうです。
それは縫い代がこの縫い方だととれないからだとか。知っていればできる技術だそうですが、知っている方は少ないみたいです。
50年前までは普通にあった技術だとか。。。。
当時は重い生地が多かったので、軽く見せるためにやっていたみたいですね。
ただこの技法ができる生地は限られておりまして、細い糸が密になっている生地じゃないと具合が悪いそうです。メルトンとか。。。。(ハリソンズエジンバラのリアブラウンとか。。。)
さもないと全部手で突き合わせて縫っているのでほつれちゃうみたいです。


技法的には、スーツの襟の裏のカラークロスが前突キに適している生地みたいです。
(注 カラークロスは襟の裏に一枚で縫いつけてある布。なぜ1枚で縫えるかというとほつれづらい生地だから。)


ただし、カラークロスのような薄い生地で前突キをやっても意味はないですよね。もともと薄いですから。

それから日本の独自技術かどうかはわからないそうです。

いやー勉強になりました。

まえつきのお話 金洋服店のコート

fc2blog_20130526233345034.jpg
fc2blog_20130526233359519.jpg
fc2blog_20130526225926122.jpg
fc2blog_20130526225841846.jpg
fc2blog_20130526225829004.jpg



コートの続きです。

まえつきです。

知ってる方は少ないかもしれません。私も漢字がわかりません。
いわゆる若手の有名テーラーの方もわかりませんでした。


上着は生地を複数枚重ねて構成されていますがこの技術は生地を重ねる枚数を減らすみたいです。
(たぶん。。。)


だからこのコートのテーマは重さを感じさせないコートだそうです。

確かに生地の重なりが通常より少ない分、特に前側のボタンで重なる部分、軽やかになってます。

比翼仕立てじゃなければもっとわかりやすかったそうです。

日本の独自技法でしょうか???

ズボン 写真の追加

写真追加です。ちなみにサスペンダー使用のズボンのほうがまた上が深い分、スタイルよく見せてくれると思います。
もちろんこのズボンのシルエットもすごく気に入ってます。

DSCF1196_convert_20130429182852.jpg

ズボン

imagea.jpg

金洋服店さんのブログでズボンの記事が書かれてますね。僕もズボン完成しました。というかもっと前にしてました。。。。

結果は大満足です。
柔らかいズボンですね。自然に生地が下に落ちてます。

外側のラインがきれいです。

image.jpg



通常ズボンの外側のラインは縫い目の周りなので生地がダブつきますがその生地をくせとりで後ろにもってきてるとか。はき心地も当然良いです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
出会い女性登録