FC2ブログ

vass

vassの靴です。ウゴリーニとのコラボです。既成靴ならトップクラスの履き心地です。セールでクロケットのオーディナリーラインの定価くらいの価格で入手しました。靴職人がいうにはビスポークシューズ並みの革だとか。。。

DSCF0460_convert_20120225102929.jpg

細部を見てみましょう。

踵が小さくて良いんです。(私は踵が小さいのでなかなか合わないんです。。。)

DSCF0463_convert_20120227221659.jpg

ベベルウエストなんですがやりすぎない感じですね。出し縫いはハンドでなので、もっと攻められるけどそうしてないんでしょうね。


DSCF0461_convert_20120227221750.jpg
DSCF0462_convert_20120227221823.jpg

3分割のシューツリーはかっこいいんですが出し入れしづらいので使ってないです。このシューツリーはビスポークシューズのシューツリーを流用してます。
いづれにしてもコストパフォーマンス抜群な靴です。



スポンサーサイト



職人さん

職人さんは様々です。派手な人、地味な人、天才な人、お金好きな人、

職人さんに対する考え方も様々です。10代から修練が必要だという人、経験は関係ないという人、朴訥な人がふさわしいという人、

私は職人にとても興味があります。そこでどういったプロセスで上達する場合が多いのか服部さんに聞いてみました。
成長の種類は2種類あるそうです。
成長線は普段は横ばいで、こつをつかんでドンとのびるタイプ。このタイプはこつを掴むと二度とこつを失わないそうです。
もう一つのタイプは成長線が右肩上がりのタイプ、こちらはときどき成長線が右肩下がりになるそうなんです。
ちなみに10年たって一気にうまくなる人もいるそうです。
普通の仕事ではなかなかないですよね。

他に驚いたのは、年齢は関係ない、とおっしゃったことでした。(10代からはじめないと、手が堅くなってしまうので、駄目だという有名テーラーもいました。)
でも、30代からスタートしたテーラーもいるそうです。やる気さえあればなんとでもなるそうです。
本当に驚きました。ちなみに服部さんご自身も去年とまた変わっているそうです。





金洋服店祝100周年

金洋服店が創業100周年です。
本当におめでとうございます。100年続いたテーラー他にあるんでしょうか。。。
ないとは思いませんが、日本の有名どころだとなかなか無いかも。。。(世界ではありそう。

今日は金洋服店に行っていろいろなお話をお伺いしました。その際、100周年を記念してあることが。。。。
私は金洋服店でそんなに注文した訳ではないですが服部さんはいろんなことをお話ししてくださいます。
正直、見識がすごいので全部、メモしたいぐらいなんです。お話しできることでかなり幸せな気分になれます。
(イクオリティーから入ったのですが、イクオリティーやはり良いです。着心地が本当に良いです。)

今日聞いたお話のなかで、驚きだったのは名人は不器用な人がなる。とのこと。
正直、こういう話、聞いたことがあるものの、私、嘘だと思ってたんです。不器用でがんばってる人へのなぐさめかと。基本的に天才って早熟ですから。。。
でも服部さんは不器用な人が名人になるのは本当とおっしゃってました。器用な人が作るきれいな服が良い服とはかぎらないそうなんです。無骨な生地はきれいに縫わない方が良いことってありますものね。
ちなみに服部さんは自分のとこの服はひとめでわかるそうです。しかもどの職人さんが作ったかまでわかるそうな。

写真変えました

過去の記事の靴の写真を加工して見やすくしました。磨いていないのでちょっと恐縮です。記事も少し加筆しました。

DSCF0448_convert_20120225091117.jpg
スウェードの靴の後ろ姿です。ラストは短靴のものを修正して作ってます。踵は若干大きくしてます。後日、アップしますがウエストはベベルウエストにはしてないです。カントリーということで。



DSCF0456_convert_20120225101125.jpg
DSCF0454_convert_20120225101203.jpg
こちらはエラスティックということでベベルウエストにしています。英国だと革の色で、黒でない、ドレスシューズではないのでしょうが、私はドレスシューズだと思っています。ここは日本ですし。

やはりビスポークシューズは良い部分の革だけ取っているので革も良いように感じます。

こういうことは既成靴でもやっているところがあるそうです。
例えばイルチアの革(明るい茶色の色むらのある革)で、シェットランドフォックスやジョンロブを作っていますが両者の革はとってる部分が違うのではとのことでした。もちろん確認してません。教えてくれないでしょうし。

靴、靴、靴

DSCF0460_convert_20120225102929.jpg


私は靴が好きです。しかも結構好きです。

所感、、、、
靴のビスポークは靴好きな人、グリーンやロブ買っちゃう人、は絶対した方が良いです。
できれば良いラストを作ってもらって、、、
私も最近、ようやく一日、歩いても問題ない革靴を手に入れることができました。
それがビスポークシューズです。
スニーカー(NB993)やメフィストといった中底からソールに加工がある靴は、パラブーツもかな、
フィッティングは大きめ、気持ち抜けないくらい、が良いと思います。
合ってなくても履き心地は、疲れにくさは、私はビスポークシューズよりトータルでは上です。そういう強引さがあります。
テクノロジーすごいですよね。
でもフィット感はビスポークシューズにはかなわない。
ここがあってるあってないという感覚はビスポークシューズを履けばわかります。
合ってないと駄目ですけど。
そしてその感覚は意識しながら、履けば履くほど、精度が上がっていきます。
もちろん、足は時間ごとに変化しますから、そこも気をつけてもらって。(時間帯によって変わりますので)
革靴を真面目に履き始めて6〜7年目ですからまた将来変わるかもしれませんが、現時点では。

(vass.NB.mefhisto)

DSCF0464_convert_20120225102450.jpg
DSCF0465_convert_20120225102524.jpg


リーガル東京(ビスポークシューズ)3

リーガル東京の靴です。

チャッカーブーツ。スウェードって履き心地が柔らかくていいんです。
フィッティングもやりやすいと思います。既製品だったらグレンソンのマスターピースのスウェードが
気に入ってます。(これもチャッカー。。。)
ただビスポークをはじめると私は既成品を履けなくなりました。これは人によるみたいです。
革はデュプイの銀面つきのスウェードです。ステッドは銀面があるのはみたことないです。
履いてる分にはそれほど差はないんですが、、、
よ〜く見ると良いスウェードです。ぱっと見はわかりづらい。てことは意味ないのかも。。。

DSCF0446改造_convert_20120225090633_convert_20120225090818

リーガル東京(ビスポークシューズ)2

リーガル東京の靴です。やはり丁寧です。履き着心地も良いです。
フルブローグのデザインが気に入ってサンプルのままお願いしました。
もっとブローグの位置を上にした方が良いとの意見もありましたが、、そちらの方が英国的かも、
これはこれで気に入ってます。なんだかんだでよく履いてます。革はイタリアのルッソです。良い革ですが厚みはそれほど、ピポディほど、ないです。ピポディもルッソもつぶれたとき聞きましたが本当でしょうか。。。
ちなみに甲革はイギリスの方が良いイメージはあります。
服もそうですけど、もちろん靴も、やはり身につけているかどうか判断すべきだと思います。
服飾品ですから。
スーツ、ジャケットは一日着ている中で、脱いだ回数、時間で着心地を判断する、というのも一つの指標だと思います


DSCF0443_convert_20120225090132.jpg

emori

emoriさんの靴です。片足だけ仮縫いをしてます。ちなみに私の場合は2回やってもらいました。
emoriさんのイメージと仮縫い靴と私が合わなかったからだそうです。(私から言い出した訳ではないです。。。念のため)

男らしい靴にしたかったそうです。最初の仮縫いの靴は華奢でしたね。革はデュプイ、、、良い革です。
型押しも良かったかもと思ってます。もちろんこちらも良いのですが、、
主にジャケットスタイルに合わしてます。ウエストはベベルウエストにしてスペードソールです。
作るの大変だったでしょう。ありがとうございます。

また、最近、お会いしたときにお伺いしたときによれば、この靴を作ったとき頃より今はすごくうまくなっているそうです。ちょっと複雑です(笑)。出し縫いはこの時点でもミシン張りにきれいです。

DSCF0445_convert_20120225090402.jpg

リーガル東京(ビスポークシューズ)

リーガル東京のビスポークシューズです。革はアノネイ。フォスターを持っている友人からも良い革と褒めてもらえました。深みがあって良い革です。一回、オールソールをしてつり込み直してます。
既成靴とは履き着心地が違います。やはり踵についてくる感じが違いますね。オールデンのモデファイドラストがそれまで一番だったんですが、踵がゆるい。
リーガル東京の甲革の縫製、底付けの縫製はとても丁寧です。
まだ30代前半の職人さんですからもっともっとうまくなると思います。

DSCF0440_convert_20120212084336.jpg


生地

スーツが好きだとどうしても生地に興味がいくと思います。

スーツは

仕立て、生地、ラインの順で考えるべきです。
仕立てが悪いとどんな良い生地で良いラインでも着なくなります。

だって着てて疲れますから。

また、スーツを見た目で考えると、やはりラインより生地の方が見た目の影響は大きいと思います。

最近、見た生地で良い生地、現行の生地、は来期のラバットのツイードです。
リードテーラーの生地を作っていたところです。これがすごくいい。
目がつまってて、抜けづらい、ズボンが作れます。ツイードって抜けやすいですから。
ハリスツイード?
良くないと思いますよ。


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
出会い女性登録