FC2ブログ

服のお話(ヴァルスターの画像と他)

DSCF0477_convert_20120313222635.jpg
DSCF0478_convert_20120313222707.jpg
DSCF0479_convert_20120313222752.jpg
ヴァルスターのレザーダウンです。
レザーのアイテムは管理が楽なんです。虫食いないし。スウェードなら尚更に楽です。
着心地も良いですし。2年前に買ってまだ着てるから悪くはないと思います。
リブがカシミアじゃなくてポリエステルならもっと良かったんですけど。。気を使わないですから。
既製品なのでセールで買ったんですよ。ビームスで。
こういうカジュアルアイテムは既製品の方が、そもそもメンズでビスポークってあまり聞かないですよね、良いような気がします。
ちなみにもうなくなられたそうですが、レディースの誂えの名人が銀座か新橋にいたそうです。
これは紳士服の重鎮をも唸らせる服だったそうです。値段も恐ろしく高かったそうですがそれでも頼んでしまうんだとか。。。一度、見てみたかったですね。
ペコラ銀座のブログにあるレディースの服はさすがですよね。

スポンサーサイト



金洋服店(上着)

DSCF04821_convert_20120314210158


金洋服店のスーツ上着です。
腕が本当に回ります。着ていて疲れないです。通常のスーツだと首の後ろが疲れるのですが、そういうのが全くないです。
このスーツを着てスーツの基準が正直、変わりました。
着心地が別次元です。
見るたびに、着るたびに発見があるスーツです。
靴もそうですが、考えながら身につけると、自分の感覚がどんどん磨かれていくのを感じます。
ここがあってる。ここがあってない。ここが気持ちいい。ここがあってない。ここがつっぱる。
(私の場合、でもたいていの人はそうなる、合ってないスーツは背中の上側、首の後ろから肩甲骨、のゆとりが足りないんです。
だから座って猫背になると生地が足りなくて首の後ろに負荷がかかる。
そういうときは自分でアイロンをあてて伸ばすとグンと着心地よくなります。)


DSCF0484_convert_20120314205543.jpg
ボタンは革のボタンです。

DSCF0485_convert_20120314205615.jpg
前も後ろもすごくいせこんでありますね。イクオリティーとも全然違います。

DSCF0486_convert_20120314205822.jpg


DSCF0487_convert_20120314205704.jpg
ポケットもちょっとこってみました。

だめだ。書ききれないのでまた後日。。。

アレンエドモンズ

DSCF0474_convert_20120313221205.jpg
DSCF0476_convert_20120313221333.jpg

アレンエドモンズの靴です。しばらく箱にしまっていたら白いもの(塩??)を噴いてます。。。。
本当に申し訳ないです。この後、すぐ拭きました。拭いたらとれてよかったです。
履き心地よいです。既成靴の中ではトップクラス。履かなくなった原因はビスポークシューズなんですけど。。。
コードバンの靴ってどんなものか知りたくてセールで5万円くらいで買ったんです。ダブルソールでアイレットが三つ。履いた感想は底の沈みがすごいということ。コードバンの履き着心地は面白いというと。カジュアルシューズに近いのかな。履かなくなって申し訳ない靴です。ただ意図からすると失敗した後悔は無い靴です。

フェラガモ

DSCF0470_convert_20120306230317.jpg

フェラガモの靴です。残念ながら履いてないです。(他にも履いてない靴はあったんですが処分してしまいました。。。。処分の仕方をいろんな意味で後悔してます。。。。)
フェラガモの靴は作りがよく革も良いというので買ったのですがマッケイの足へ直接くる衝撃が合わなくて。。。一応ラバーソールなんですが、薄い。合う人ももちろんいると思います。
私も歳をとったら別の履き方ができるのではと期待してます。



グレンソン マスターピース

ロイドフットウェアをおいておくと、英国靴の中ではもっとも良い靴を作っていると思います。
履いてみると沈みがすごいです。一番沈んでる靴ですね。革はステッドです。
ミシン線はゆがんでるし、もっと丁寧に作った方が良いのではと思う部分もあるのですが、
とても履き心地は良いです。スウェードでサイズがきつめなので形が私の形になってます。

今の英国靴もっとがんばってほしいんですが。。。


DSCF0469_convert_20120301210057.jpg

金洋服店(ズボン)

金洋服店のズボンです。ハンガーに吊るしている状態です。
ダブルですがモーニングです。もちろんアイロンワークだけです。
ダブルでこれだけ傾斜がつけられるというのはすごいと思います。
このズボン、もっとすごいことがたくさんあるのですが、というかこれはディティール、それはまた後日、説明します。


DSCF0473_convert_20120303211842.jpg

イクオリティー

DSCF0471_convert_20120301201706.png

イクオリティーのブレザーです。生地はアーサーハリソンのオールド物、いわゆるフラノです。
このデザイン、袖が少しフレアーになってます。ボタンがメタルですから少しのフレアーでも重みで目立つんです。
しかし、デザイナー物にありがちな下品さはなく、上品なんです。
私はイタリア物はサイズ44くらいをいつも着てるんですが(ベルベスト等)、こちらは48のサイズ。
服部さんがおっしゃるには私は大きめの方が似合うそうなんです。(そしてそのとおりでした。)
もちろん小さめが似合う方もいらっしゃるとのこと。
着心地はもちろん抜群です。とても、とても柔らかいジャケットです。
ビスポークより、柔らかい印象です。既製品の方が柔らかくなるというのは本当だと教えてくれた
ジャケットです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
出会い女性登録